物損事故と人身事故の違い

交通事故には大きく分けて、物損事故と人身事故に分けられます。
物損事故は、事故によって車やガードレール、ブロック塀、自転車などものに損害が出てしまった事故のことを言い、人身事故は怪我や死亡させてしまうのなどの人的損害を当てえた仕舞った事故のこと言います。
しかしこれは一般的な解釈であって、警察や保険業界ではこういった区別の仕方はされていません。

では何が物損事故と人身事故を分けているのかというと、それは救急車に乗るか乗らないかです。
事故を起こして警察に連絡すると怪我の状態を聞かれ、それにあわせて救急車の出動も要請されるのですが、その救急車に乗って応急手当てを受けたり、病院へ搬送されたりするとそれはどんな事故状況でも人身事故扱いとなるのです。

逆に膝を打ってそこから出血していても救急車に乗らなければ、警察は物損事故として扱い、膝を怪我したことは記録にも残らないという事になります。
これによって保険会社も対人保険を適用するか、対物保険だけ適用するか決めることなるので、少しでもどこか痛い、血が出ている、様子が変というような状態であれば必ず救急車に乗ったほうがいいでしょう。
特に頭を打っている可能性がある場合は、今は何ともなくても後で何かしらの症状が出ることがあり、その時に事故の後遺症だといっても物損事故として処理されてしまえば、全て自分の責任で処理しなければならないのです。
事故を起こした時は一種のショック状態になっており、痛みなども感じにくいといわれています。
後で泣きを見ないように怪我らしきものをした場合は恥ずかしがらずに救急車に乗ることををおすすめします。