モデルチェンジで変わったのはコスト削減

トヨタは長年、無難路線を突き進んできましたが、それも車が売れて利益が上がって初めてできることです。日本の経済が不況を迎え、日産がルノーに買収されるなどの動きがある中、トヨタがとった作戦は徹底的なコスト削減です。どんな企業でもコスト削減を行っているとは思うのですが、トヨタの場合は目を疑うほど大規模なコスト削減を行ったのです。
これによってこの不景気の中でも唯一トヨタは潤っていられるわけなのですが、あまりにも極端すぎて最近のトヨタが作った車に全く魅力を感じることができません。最近フルモデルチェンジしたハリアーを見ても、基本的なエンジンやハイブリッドシステムはほとんど既存のカムリのもので、それに先代モデルのモーターなどを持ちこして作られたのが、何もかも新しいと豪語するハリアーなのです。全く新しくなった部分というのが誰が見てもすぐにわかるボディのデザインや内装のデザインだけで、車に詳しくない人はこれだけで「新しい」と思ってしまうのです。見た目は新型でも中身は既存車種のパーツを集めただけなのです。ハリアーに限らず最近のトヨタはハイブリッドカーも含めてこのような形で作られているのです。

プリウスアルファ 値引き