ポルシェよりタクシーのほうが欲しい

先日テレビを見ていたら、富裕層の人が何台も真っ赤なポルシェを保有しているようすが映し出されていた。お金持ちはどうして何台もクルマを持つのかなあ、と思った。お金があるとクルマに興味が湧くのだろうか、何台も欲しくなるのだろうか。いや、お金が有り余っていれば「ちょっと欲しいな」程度でも高額な自動車に手が出せるのかもしれない。もちろん中には輸入車が大好きで、コレクターと化している人もいるのだろうけど、大半のお金持ちはそんなもんじゃないのかな、と思う。
ポルシェどころか今のところ自動車にも縁がない私だが、クルマは安全に走れて、適度に人や荷物が乗ればそれでいいと考えている。お金をかけて輸入車を何台も持つよりも、呼びつけたらすぐ来てくれて、行き先を告げれば寝てても連れて行ってくれる、そんなクルマ&運転手さんがいるほうが良くない?なんて思っていたら、それってタクシーだと気づいた。そういえば、たまに乗る程度ならタクシーやレンタカーを利用したほうが安くつくそうだ。自動車の保有は、やはり保険や税金が馬鹿にならないらしい。うーん、輸入車を何台も購入する気持ちは到底わかりそうにないな。

アウディ 買取相場