創業者の父を支えた母

私の父は会社を経営しています。毎日仕事ばかりで、休みなんて年に数回しか取りません。自分が経営者なのだから好きなように休みを取れば、と言いますが、経営者がそんな気持ちじゃ会社は大きくならない、と言います。私たちにはわかりませんが、株主との兼ね合いもあるそうです。株主としては、会社の経営次第で、配当金が左右されるので自分たちが投資している分、経営にはシビアです。
大手企業では配当金の他にレジャー施設、航空会社などによって、プラスアルファの特典がついて来るものもあります。父の会社はそういったものはまだないので、頑張って会社を大きくしようとしています。
父が創業した頃私はまだ小さかったのですが、父の収入がない分、母が工場で働き生計を立てていました。それでも生活が苦しい時は、キャッシングでお金を借りていた時もあったそうです。
キャッシングは利息も高く、借り過ぎると大変なことになるので、両親からお金を借りたこともあったよ、と母が話してくれました。
今はなんとか経営もうまくいって、母もだいぶ余裕のある生活ができるようになったと、安心した様子でした。

個人事業主 キャッシング