ハイブリッドカーの方向性

ハイブリッドカーはガソリン消費を抑え、枯渇が懸念されている化石燃料の保全と排気ガスによる環境汚染を防ぐために作られた車です。
ハイブリッドカーというものを語るにはまず根底にこういうことがあるという事を理解したうえで考える必要があります。
その基本的な考え方を持って発売されたのがトヨタのプリウスなのですが、実際にプリウスに乗っている人間やこの車を売る側はこのことをほとんど意識していません。
しかしこれならまだかわいいものです。
同社のレクサス店から発売されているハイブリッドカーは、表面上は「燃費がいい」とか「地球環境に優しい」などといっていますが、車の造りを見るともはや燃費という事は二の次でハイブリッドカーの電気モーターをモアパワーとして扱っているのです。
それもプリウスやアクアのように小さなエンジンではなく3リッター以上のエンジンを積んでいるとなれば、エコカーにしてはガソリン消費量や排気ガスの排出量は増えることは必至です。
何もハイブリッドカーが必ずしも燃費がよくなければいけないという事ではないのですが、それによって減税措置を受けていることが問題なのです。
いわゆるエコカー減税適用をうまく利用してそれを販売につなげようというのが間違っていると思うのです。
ただ、こういうやり方が昔ながらのトヨタのやり方ですので、それを理解して買うのであればいいのかもしれません。

ヴェルファイア 値引き