プリウスタクシーに乗ることができるのもあと数年?

最近よく見かけるようになったプリウスのタクシー、燃費がいいためタクシー会社にとっては非常にありがたい車となっているがどうやら4代目モデルではそういった需要は期待できないようです。
現行モデルのプリウスはハッチバックを持ちながらもセダンモデルとして作られ、全高も室内高もそれなりのものを持っており、何とかタクシーとして使うことができました。
しかし今度のプリウスは全幅は広くなりましたが空気抵抗を低下させるために全高を低くしてしまったのです。
全高が引くなるということは室内高も低くなるということで不特定多数の人間が乗り降りするタクシーには使いにくいという面が出てしまいます。
ただ、トランクが現行でると比べて若干広くなったので荷物が多いお客様の場合は有利かもしれません。
まあ、そもそもプリウスはクラウンセダンの様なタクシー用に作った車でもありませんし、現行モデル以前のプリウスがタクシーに使われるようになったのも性能面がよくてタクシーになったわけではなくトヨタ側が大量の需要を得るためにタクシー業界に働き掛けたためだったのでタクシー運転手やお客様にとって最適な車ではなかったわけです。 Continue reading