トヨタに残されたのはハイブリッドだけ

世界的に見てハイブリッドカーを市販車として一番最初に売り出したのはトヨタです。1995年にプロトタイプが作られてから18年が経とうとしていますが、その間ずっとトヨタはハイブリッドシステムの開発・改良を続けてきたわけです。
しかし、車というのはハイブリッドカーだけではなく、ガソリンエンジン車やディーゼルエンジン車などもあり、更に低燃費とは無縁の車まであるのです。トヨタはずっとハイブリッドカーを中心に開発を進めてきておかげで、他のガソリンエンジン車などの開発がおろそかになってしまいました。 Continue reading

モデルチェンジで変わったのはコスト削減

トヨタは長年、無難路線を突き進んできましたが、それも車が売れて利益が上がって初めてできることです。日本の経済が不況を迎え、日産がルノーに買収されるなどの動きがある中、トヨタがとった作戦は徹底的なコスト削減です。どんな企業でもコスト削減を行っているとは思うのですが、トヨタの場合は目を疑うほど大規模なコスト削減を行ったのです。 Continue reading