ムダ毛の正しい自己処理方法

薄着の季節、女性なら必ずと言って良いほど気になるのが「ムダ毛」。カミソリなどで自己処理をしている、という方が多いかも知れません。しかし、間違ったムダ毛の自己処理は肌のトラブルの元になることもあります。そこで、正しいムダ毛の処理方法をご紹介したいと思います。
そもそも、ムダ毛が生えてくるのは外部の刺激から私たちの体を守るためだといわれています。ですので、一番やってはいけないのが「強い刺激を与える」脱毛方法。カミソリを何度も当てることなどがこれに当たります。ムダ毛処理の際に肌に強い刺激が加わると、体が自らを守ろうとしてより一層体毛を濃くしてしまうのです。カミソリを使ってムダ毛を処理する際は皮膚を引っ張って毛根をなるべく浮き上がらせ、優しくすべらせるようにして毛を剃りましょう。
もう一つ、ムダ毛を処理する際に避けたほうが良いことがあります。それは「毛抜きを使う」こと。毛抜きでムダ毛の処理をされている方は意外と多いので、「どうして?」と思われる方もいるかもしれません。実は、毛抜きは埋没毛の原因になることが多くあるのです。埋没毛とは、中途半端な長さで切れるなどの要因で肌の中に潜り込んでしまった毛が、そのまま成長した状態のこと。炎症など、更なるトラブルを引き起こす原因になってしまいます。
他にも、刺激が大きかったり、時間に対して処理の効率が悪かったりと、毛抜きを使うことによるデメリットは様々です。正しくムダ毛を処理してつるつるのお肌を手に入れてくださいね。

脱毛 体験